スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
回収の話
                          
           フォックスフェイス Mサイズ 6800円



上の写真、妙な植物でしょ?


ナス科の植物で、実がキツネの顔に似ているからって見たまんまの名前を付けらてしまった彼なのである。
植物界の長州小力ってとこであろうか。

これを見た人は、う〜〜んと一唸りした後に、かなりの確率でこう言う。

食べれるの?

いやいやお客さん。
ナス科って言っても観賞用ですから食べられませんよ〜。

こんなやり取りを今シーズンだけでも10回以上はしているであろうか。

昨日は隣の女子大の文化祭。
ショーに使うとかでブーケを買いにきてくれたキャピキャピ2人組。
待ってる間も彼の前に釘付け。
で、なにやらヒソヒソ話を始めた。

言いたいことは察しがつくので、こちらから先に切り出す。

あ、それね。スライスしてワサビ醤油で食べると美味しいよ。
あ〜やっぱり、みずみずしい感じですもんね〜。 キャッキャッキャッ。

やったことないけどさ、バター炒めでもイケるらしいし。
なるほど〜、パプリカにも似てかも〜。 キャッキャッキャッ。

会計の時、さすがに心が痛んだので「さっきのは冗談だから」と言うと、
なーんだ、食べられないんだ〜。 キャッキャッキャッ。

よかった、若い子は冗談を冗談としてサラリと流してくれる。

これがコワモテの兄さんだったらどうなんだろう。
あ? 冗談だぁ?
こらオヤジぃ、てめえ誰に向かってものこいてんねん。
吐いたつば、二度と飲み込ませへんど!
息子に食わそうと思って秘かにもぎ取っておいたこの黄色いの、買い取ってもらおやないけ。
お、われ〜。 おおおっ。

なぜか妄想の中のコワモテは、関西弁で滅茶苦茶なことを言い出すのである。

コワモテと言えばサラリーマン時代。
上司の命令で未回収金を、あちこちに集金に行かされたことがある。
半年も一年も売掛けリストに残ってるような、いわば回収できたら儲けもんの、不良顧客ばかり。
係長ずるいよ〜、これって自分が回収できなかったのばっかりじゃ〜ん。
などとは口が裂けても言ってはいけない。 
笑顔をもって車に飛び乗るのがサラリーマンの定めであり、若い頃の苦労は買ってでもしろって言葉を具現化しない限り、評価には繋がらない世界なのでもある。

アポを取り、指定された雀荘に向かう。
真昼間の開店前の店で卓を囲むのは、顧客の金融業、他2名。
点棒の代わりに札束でやりとりするその姿は、今でいうVシネマそのもの。
三人打ちだから上がり手のでかいことでかいこと。

おう、兄ちゃん。
あんたも打てるんだろ?

滅相もないです、全く麻雀なんてやったことはございません。
と嘘をつこうにも、言葉にならないから、怯えた小娘のようにイヤイヤと首を振るばかり。

ほうか、残念だな。もう少しでキリがつくから、少し待っててくれや。

都合良く金融業がトップをとり、その場で現金にて回収。
これ、ウソのようなホントの話。
しかし、あそこでハコテンにでもされてたら回収不能どころか、おまえは疫病神だ!などと難くせをつけられ蹴り出されてたかも。

この手の話はまだまだあるが、紙面の都合上、また後日。

                        
posted by: まーぼー | - | 14:07 | - | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 14:07 | - | - |-
この記事のトラックバックURL
http://yuransen.jugem.jp/trackback/100
トラックバック