スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
雪かきの話
         
                      ゆうらんせん隣りの駐車場 




こんなんアリですか。

名古屋の人間にとっちゃ、ほとんどドカ雪レベルでしょ、これ。

昨日の朝から降り出した雪。
今朝には上の写真のような状況に。

ちなみに昨日の来客数は2名。
こら〜 ゆうらんせんを潰す気かい!

ったくもう、油断も隙もありゃしねえ。
まさかお天道さまからこんな仕打ちを受けるとは思いもせなんだわブツブツ・・・

と、店舗入り口の階段を雪かきしてると。
ずるっ、ずず ずるっ。
こらあかん、馴れている僕でさえこんなに滑るんだから、お客さんは怖くて上ってこれんわい。

諦めて帰ってくれるんだったら売り上げが減るだけで済む話なのだが、無理して上ってこられて怪我でもされたら困る。
いやいや、怪我で済めばいいが、打ち所が悪くってあの世行きってなことにでもなったらシャレにならん。

遺族の方がたまたまいい方で、賠償金はいいからお地蔵さんだけでも祀らせて下さいな、およよ・・・
などと泣き崩れられたら、断るわけにもいかんだろうなあ。

うちの婆ちゃん、多分この辺で足を滑らせたに違いないわ。などと下から八段目を指さし、業者に据えさせる遺族。
ちょちょっと待った、お地蔵さんって普通、道端でしょ!
うちも客商売なんで、そんなところにそんな大きなお地蔵さんを据えられては困ります。百歩譲ってペットボトル大のものにしてもらえませんかぁぁーー。

そんな僕の肩越しに、わしゃお布施くれた方の味方じゃけんね、とばかりに般若心経を唱え出すお坊さん・・・

あーいやだいやだ。
賠償金もお地蔵さんも実にいやだ。

よって、水を流しながらデッキブラシでシャリシャリやること小一時間。
よし、完璧だ。
今の自分なら掃く方専門としてカーリングの全日本に入ってもついてゆける。
などと一人悦に入る、花屋のオヤジがそこにいたのである。



posted by: まーぼー | - | 12:37 | - | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:37 | - | - |-
この記事のトラックバックURL
http://yuransen.jugem.jp/trackback/106
トラックバック